見出し画像

快適な一戸建てに住みたい!“猛暑を生き抜く”家を建てるために必要なこと

こんにちは。
LIFULL HOME’S 住まいの窓口note編集部の伊藤です。
まだまだ暑い日が続きますね。
年々暑さが増していると感じています。
休日も日中は外に出ずに快適な室内で過ごしたいと思う日が多くなりました。
私は猫も飼っているため夏は24時間エアコンフル稼働です。
我が家は比較的コンパクトな間取りになっているため光熱費はまだ許容範囲内ですが
これが一戸建てになった場合は・・・
想像するだけで恐ろしいです。

でも今年に限ったことではなく、この暑さ(寒さも)は毎年のことですし
今後、温暖化により暑さはさらに深刻になると思います。
そして寒さも急激に和らぐこともないでしょう。

つまり長期的な視点で【より快適な住まい】を考えていく必要があるのです。

今回は【快適な住まい】の重要な要素として考えるべき
住宅の気密性・断熱性について考えたいと思います。

本記事は出版社さんの許可を得てLIFULL HOME’Sが編集協力をしている「日本一わかりやすい注文住宅の選び方がわかる本 2023‐24」の一部を参考に執筆しています。

断熱性等級の最低基準が引き上げに?!

みなさま、断熱性等級基準をご存じですか?
簡単に言うとその家の断熱性能がどのくらい優秀かを数値化した指標となります。
現在、断熱性基準には等級1~7まであって、等級5~7は2022年に新設されました。


具体的には最高基準の「等級7」になると
「冷暖房にかかる一次エネルギー消費量を約40%削減可能なレベルの性能」
です。

お住まいのエリアやそれぞれの生活スタイルにもよりますが、断熱性能を高めることで日々の光熱費を減らし、暑い日・寒い日を快適に過ごすことができるので、【生活の質】を上げることができます。

断熱性能を強化することで家を建てる時のイニシャルコストが高くなっても、長期的な視点でランニングコストをおさえられたり、何よりもお金に代え難い【快適な生活も送ることができる】のであれば初期投資したほうがよいのでは?と考えますよね。

また、2025年から「等級4」未満の住宅は建てることができなくなります。
等級4以上の適合義務化が決まっているのです。
将来的には等級5以上が義務化になることもありえます。

これは「義務」になるため

  • 暑さ、寒さを快適に過ごせる

  • 日々のランニングコストがおさえられる

ことだけではなく

  • いざ住宅を売ることになったときに基準を満たしていないと売れにくい

リスクも考えて家を建てなければならないということです。

等級レベルの高い家を建てるメリット・デメリット

もちろん等級レベルの高い住宅を建てることはメリットだけではなくデメリットもあります。

ここでメリット・デメリットをおさらいしましょう。


特にデメリット2つめの「実績のある建築会社」は限られてくるため、実績の豊富な建築会社にこだわると選択肢が狭まる可能性はありえます。

とはいえ、後から断熱性を追加するのが難しいので、家を建てる際にしっかり取り入れるのが大事です。
決して安くはないからこそ、事前にじっくり検討する必要があるのです。

なのでまずは建築会社を選ぶ際に、専門家に相談することをおすすめします

誰に相談するのがベスト?

私は「住まいの窓口の中のもの」なので宣伝のようになってしまうのですが、それを抜きにしてもぜひ「無料相談窓口」で相談されることをおすすめします。
無料相談窓口では建築会社それぞれの強み弱み、実績を把握していて数百社の中から希望条件に合わせて会社を紹介してくれます
建築会社それぞれ1社1社に実績を聞いて回るのは、時間も労力も必要ですし難しいことですよね。
無料相談窓口なら、1回相談するだけで数百社の中から的確に候補を絞り込んでくれるので、効率的なのです。

今、さまざまな住宅情報サービスでこのような「無料相談窓口」を設けていますが「LIFULL HOME'S 住まいの窓口」もその1つです。


「じっくり家づくりを進めるチャンス!」暑いから外に出たくない人の相談方法

猛暑の中、わざわざ日中でかけて相談にいくのは気がひけますよね。
私も休日にわざわざ快適な室内から外に出ていこうとは思いませんし、休日の限られた時間は有効に使いたいなと思っています。

そんな猛暑でもご自宅から快適に効率的に相談していただけるよう
住まいの窓口では「ビデオ通話(ZOOM)相談」をご用意しています。
PCやスマートフォンの画面共有でハウジングアドバイザーとリアルタイムに相談できるサービスです

Web上で相談したい日時を選んで予約。
予約の日に指定されたZOOMのURLに入るだけで相談ができてしまいます。

家を建てる時にこだわりたい「わがまま」
例えば・・・

  • 高気密高断熱を得意としている建築会社がいい

  • 中庭を作りたい

  • 木材にこだわりたい

  • 吹き抜けをつくりたい

  • シーリングファンをつけたい

  • 西海岸風のデザインがいい

そんなひとりひとりのこだわりや要望をまとめ、ぴったりの会社をいくつか紹介してくれるのです。

暑い中、貴重な休日にあてもなく1つひとつの建築会社・ハウスメーカーに相談に行くよりはるかに効率的に情報収集ができますよね。

ぜひ休日のおうちにいる時間を活用して家づくりについて相談してみてください!
どんな小さな疑問でもアドバイザーがしっかり応えてくれます。

来年は涼しい快適なマイホームで夏を迎えましょう!
「LIFULL HOME'S 住まいの窓口」のビデオ通話相談をぜひご活用ください。


家探し・家づくりの無料相談サービス
「LIFULL HOME'S 住まいの窓口」

ハウジングアドバイザーが中立的な立場で理想の住まい探し、家づくりをサポートする窓口です。購入までの進め方、物件の探し方や住宅ローンの組み方といった疑問を、無料で何度でも相談できます。さらに立地や予算、ご希望に合わせて、複数の建築会社・不動産会社を紹介。理想の住まいを叶えるために、さまざまな側面からお手伝いします。

▼住まいの窓口noteのその他の記事はこちらからご覧いただけます


この記事が参加している募集

企業のnote

with note pro

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでいただきありがとうございます。住まいの窓口のHPもぜひチェックしてみてくださいね。