マガジンのカバー画像

住まいの窓口が取材協力・編集協力する本

23
LIFULL HOME'S 住まいの窓口が取材協力や編集協力として携わる本を紹介した記事です。住宅購入のための情報収集本を探している方にぜひ読んでいただきたいです。
運営しているクリエイター

#マイホーム

間取りも予算もトレンドもわかる!?マイホームLOVEWalker最新版を監修しました

こんにちは。 LIFULL HOME’S 住まいの窓口note編集部の山口です。 3月13日(水)に、LIFULL HOME’Sが全面監修する住宅情報誌『マイホームLOVEWalker 2024 家を買うとき最初に読む本』が発売となります! この本は、2023年に監修した「マイホームLOVEWalker 家を買う前に知っておきたい28の常識」の最新版。 今回は、全132ページと前回よりページ数を大幅に増やし、より住宅購入に役立つ知識や知っておきたい情報を盛り込んだ1冊と

今、家を買うと失敗?!ベストなタイミングはいつ?!【ムック本からご紹介シリーズvol.13】

こんにちは。 LIFULL HOME’S 住まいの窓口note編集部の西牧です。 4年ぶりに”制限なし”の夏休み、みなさんはどんな風に過ごされたでしょうか。 ”コロナ”による行動制限から開放され、花火大会や夏祭り、旅行に出かけたという人も多いと思います。私もコロナ禍に生まれた3歳の娘がいますが、はじめて夏祭りに連れていき、お祭りの雰囲気だけで「おまつり、たのしいっ」とつぶやく娘を見て、そうだよねっ!と嬉しくなりました。 さて、コロナ禍でもそうでなくても、各人のタイミング、

テーマは「教育×街」! 話題沸騰の新ムックを徹底解剖🔍

こんにちは。 LIFULL HOME’S 住まいの窓口note編集部の山口です。 8月3日(木)に、LIFULL HOME’Sが全面監修する新ムック『教育環境で選ぶ 首都圏で家を買って住みたい街』『教育環境で選ぶ 関西で家を買って住みたい街』が発売となりました! このムックは、「子育て世代が家を買って住む街を選ぶための本」。 教育環境によい街の選び方を、オリジナルデータやランキング、専門家の解説を交えて詳しく解説しています。 今回はこの発売を記念した特別企画! 本誌で注

マンガでわかる家探しの常識を一部無料公開!【新ムック本発売記念 第2弾】

こんにちは。 LIFULL HOME’S 住まいの窓口note編集部の山口です。 今回は、2023年4月17日(月)に発売されたLIFULL HOME’Sが全面監修した住宅情報誌「マイホームLOVEWalker 家を探す前に知っておきたい28の常識」とのコラボ企画の第2弾! 特集マンガ「マンガでわかる!マイホーム購入ビギナーの最初のギモン」より、本誌第3章をお届けします。 ▼第2章がまだの方はこちらからご覧ください 住宅購入の「お金」虎の巻 “ローン選び”は年収1年分

マンガでわかる家探しの常識を一部無料公開!【新ムック本発売記念 第1弾】

こんにちは。 LIFULL HOME’S 住まいの窓口note編集部の山口です。 今回は、2023年4月17日(月)に発売されたLIFULL HOME’Sが全面監修した住宅情報誌「マイホームLOVE Walker 家を探す前に知っておきたい28の常識」とのコラボ企画! 本誌内に掲載されている特集の一部を特別公開しちゃいます! 今回公開するのは、SNSでも人気のマンガ家・ぴよととなつきさん描きおろしの特集「マンガでわかる!マイホーム購入ビギナーの最初のギモン」。 本誌第2章

購入後3年間、固定資産税が半額に?!コストダウンのお得技3選【ムック本からご紹介シリーズvol.9】

こんにちは。 LIFULL HOME’S 住まいの窓口note編集部の西牧です。 先日、不動産関連のニュースを見ていたところ、都心部の70㎡の中古マンション価格が1億円に迫る(※)という記事を目にしました。一般的にファミリータイプの3LDKマンションの広さは60~80㎡が多く、3名以上のご家族であれば該当する人も多いのではないでしょうか。 地域や立地、マンションか一戸建てかによって上昇率に差はありますが(過去の記事で詳しく解説しています)、過去に比べて住宅価格は確実に上昇し

最大1000万円まで贈与税非課税!住宅購入を両親に相談しないのはもったいない【ムック本からご紹介Vol.8】

こんにちは。 LIFULL HOME'S 住まいの窓口note編集部の西牧です。 みなさんは住宅購入についてご両親に相談していますか? 住宅購入の先輩であるご両親に、住宅購入の相談をしたいなと思っている人は多いのではないでしょうか。 今回は、先日発売された『損しない!家選びのお金まるわかりガイド』より、「住宅資金贈与の特例」ついて解説していきたいと思います。 ①「住宅取得資金贈与の特例」で最大1000万円まで非課税に!2023年12月31日までなので要チェック!2019年

失敗例から厳選!致命的になりやすいマイホーム選びの落とし穴【ムック本からご紹介vol.6】

こんにちは。 LIFULL HOME'S 住まいの窓口note編集部の西牧です。 今回は、8月23日に発売された『日本一わかりやすい住まいの選び方がまるごとわかる本 2022‐23』で、住まいの窓口のハウジングアドバイザーが監修した「致命的になりやすい!マイホーム選びの落とし穴」の中から、まず気を付けてほしい3つの落とし穴をご紹介します。 ※「日本一わかりやすい住まいの選び方がまるごとわかる本 2022‐23」は、LIFULL HOME'Sが全面監修しています。LIFUL

ハウジングアドバイザー4人が教える!街選びのポイント

こんにちは。 LIFULL HOME’S 住まいの窓口noteです。 2022年7月28日(木)に、LIFULL HOME’Sが監修して制作したムック本『後悔しない街選び超データBOOK』(以下、『街選び超データBOOK』)が発売となりました! このムック本のテーマは、タイトルの通り「街選び」。 首都圏(1都3県)の街の様々なデータやランキング、専門家による街選びのポイントなどを掲載しています。 そこで今回は、このムック本の発売にあわせた特別企画! 住まいの窓口のハウジ

注文住宅の間取り決め、まずは屋外からって知ってた?【ムック本からご紹介vol.5】

こんにちは。 LIFULL HOME'S 住まいの窓口noteです。 家を建てようと思ったときに、外装や設備も気になりますが、どんな間取りにするかはとても重要ですよね。「いい家=いい間取り」といっても過言ではないと思います。 ですが、「いい間取り」は室内だけではなく、敷地など様々な要素が関係しています。 今回は、「日本一わかりやすい注文住宅の選び方がわかる本 2022‐23」が発売されましたので、「住みやすい家にするための間取りのルール8」の中から、見落としがちな屋外のルー

新・住宅ローン減税と、ローン以外のお金の話【ムック本からご紹介vol.3】

こんにちは。 LIFULL HOME'S 住まいの窓口です。 ”ムック本からご紹介シリーズ”も3回目となりました。 今回は、『日本一わかりやすい一戸建ての選び方がわかる本 2022-23』(以下、一戸建ての選び方がわかる本)が発売されたので、ムック本の記事の中から一戸建ての購入の際に重要な 「新・住宅ローン減税と、ローン以外のお金の話」をご紹介します。 ※住まいの窓口は、過去高評価だったサービスとして編集協力しています。出版社さんの許可を得て、一部公開しちゃいます。 ①

コミックエッセイ『わたし、家を買えますか?』を監修しました!

こんにちは! LIFULL HOME’S 住まいの窓口です。 住まいの窓口では、2021年6月17日(木)にKADOKAWAから発売された漫画家・うだひろえさんのコミックエッセイ『無理じゃない!知識ゼロからはじめる理想の家づくり わたし、家を買えますか?』を監修しました。 今回の記事では、特別に内容の一部も披露しつつ、この本の魅力をご紹介していきます! ▼Amazon購入ページ そもそもどんな内容なの? このコミックエッセイの主人公は、著者でもある漫画家のうだひろえさん

「家を買Walker」4月号に編集協力しました!

こんにちは! LIFULL HOME'S 住まいの窓口です。 住まいの窓口では、KADOKAWAから4月13日に発売されたムック「家を買Walker2021 家づくりがわかる決定版」に編集協力しています。 そこで今回は特別企画として、住まいの窓口アドバイザー・高瀬さん、贄田さんに「家を買Walker2021」の魅力について対談いただきました。日々お客様の家づくりの相談に乗っているアドバイザーならではの視点で、皆さんに特に読んでいただきたい特集3つをご紹介します! 左:高

編集協力した「家を買Walker」が発売されました!

こんにちは! LIFULL HOME'S 住まいの窓口です。 住まいの窓口では、「家づくりを考えているけど何から始めたらいいかわからない」「家を購入したいけれど、予算や住宅ローンのことがわからず、動き出せないでいる」といった悩みを抱える人の力になりたいという想いから、家づくりの情報マガジン「家を買Walker」に編集協力をしています。 8月11日(水)に、この「家を買Walker」の最新シリーズ「家を買Walker2021-2022 家づくりがわかる最新版」がKADOKAW